2008年06月10日

東京ダービー関連のデータ

東京ダービー第3ラウンドは鮮やかな逆転勝利。一気に3連勝です。噴火の兆候があった平山もついに爆発し、これで吹っ切れてくれればと思います。

この勝利によって、東京ダービーは(公式戦限定・以下同)通算で東京の11勝2分3敗となりました。注目すべきは、ナビスコカップの成績です。こちらの戦績は東京の5戦5勝となっており、実は勝率100%です。東京は2003年4月5日以来、相手の降格による中断期間を挟んでダービーでは約5年間負けていません。

続いてゴール数を見てみます。

過去の東京ダービーでは両軍合わせて47ゴールが入っています。その内訳は、東京29ゴール、ヴェルディ18ゴール。ダービーで通算3得点以上をマークした選手は4人いて、アマラオ・ルーカス・平山・エジムンドが該当します。ハットトリックが記録されたのは、2004年10月13日のナビスコ杯準決勝におけるルーカス、そして先日の2008年6月8日ナビスコ杯グループリーグにおける平山の2回です。以下、東京ダービー得点ランキング(カッコ内はナビスコ杯の得点)。
FC東京
3得点:アマラオ(2)/ルーカス・平山(3)
2得点:呂比須・馬場・梶山(0)/ジャーン(1)/宮沢(2)
1得点:ケリー・阿部吉・戸田・ササ・羽生(0)/佐原・ブルーノ・カボレ・近藤祐(1)
オウンゴール-1点

東京ヴェルディ
4得点:エジムンド(1)
2得点:飯尾(0)/フッキ(1)
1得点:三浦淳・永井・ラモン・エムボマ・平野・森本(0)/山田卓・平本・小林大・廣山(1)

個人の最多得点は、エジムンドでした。石川・赤嶺あたりの名前がないのも、やや意外と言えば意外でしょうか。

残るはあと1戦です。過去に年間4勝した年はありません。2002年は今年と同じくナビスコ杯を含めて4度対戦があり、3勝1敗でした。また、2004年はナビスコ杯も含めて勝率100%でしたが、決勝トーナメントでの対戦だったため、年間3勝に終わっています。初めての4戦4勝を目指して、新記録という視点からも勝ち点3がほしいところです。
by gaspatxo | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100017766

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。