2009年03月07日

そこまでひどい状況でもないような

昨シーズン後半から久しぶりの更新です。昨年は結局多忙を極めてラストの3〜4試合の観戦を欠席してしまいました。今年も気を取り直してマイペースで更新します。(今年のオフは、大きな移籍の動きがなかったのは幸いでした)


いよいよ開幕ですが、ふたを開けてみれば1−4。期待に溢れた気持ちがぽっきり折れてしまうような結果でした。ホームで開幕戦ということで、勝利というのはマストな状況です。ただ、敗戦の責任を個人に求めたり、さっそく降格云々を論じるのはいくら何でもという気がします。

まず、4失点ということで守備に目をやると、前半は良かったと思います。金沢・今野の守備は安定していて、バックラインにかかる負担を分散できていたように見えました。最初の失点はマークミスですが、まずかったのは、あの時間にとられたこと。後半も立ち上がりは悪くなかったですが、またセットプレーから。しかも追いついた直後に取られたというタイミングがまずい。その後、イージーミスから3点目を取られ、戦意が萎えてしまいました。

今回の敗因は何かと考えると、精神的にやられるタイミングでの失点が3つ続いたことでしょう。「不運なゲームでした」で片付けてよいものか難しいところですが、個別の失点状況はそんなに深刻でもないような気がします。

むしろ、問題なのは攻撃ではないでしょうか。前半はFWが孤立していたように見え、中盤に原因があったと思います。梶山はポジションを1列上げてスタートしましたが、チーム全体の梶山の使い方が昨年と大差ないというか、結局、組み立てで梶山がボールに触るタイミングが昨年よりも遅くなっただけです。もっと梶山を使ってゴール前に走らせるくらいの使い方を周りがすべきだと思います。そしてその役割はサイドバックだったりボランチだったりするのですが、FWへのフォローを含めて、今日のボランチはその点で物足りなさを感じました。

梶山を前で使うのなら、その梶山を誰がどのように使うのか。それは今期の大きなテーマではないかと思っています。
タグ:Jリーグ
by gaspatxo | Comment(0) | TrackBack(1) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115293840
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2009 第1節 FC東京 対 アルビレックス新潟
Excerpt: FC東京 1-4 新潟      24赤嶺 32近藤      22羽生 10梶山      17金沢  6今野 25徳永 2茂庭 15平松 5長友         20権田 ..
Weblog: テキサスのテキトーブログ
Tracked: 2009-03-08 02:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。