2009年04月12日

色々な見方があるようだけれども

東京1−2鹿島

決して完敗とかいう試合でもなかったかなと思います。間違いなく決定機は自分たちで作れていたし、入っていてもおかしくないものもいくつかありました。つまり、勝敗については紙一重だったと。

もちろんACL、つまり相手の疲労は大きな影響があるように見えました。ただ、そこを見越して準備をして、あのような試合をして、結果は少しの運が絡んで敗戦。一言でまとめると、そういうことだと思います。

では内容も紙一重だったかというと、やはり鹿島は一枚上手だと感じさせました。サイドの使い方にしても、3人目がしっかりフォローに入ってくるため、東京よりも展開の幅が広いと思います。あとは、ボールを貰いにスペースに入ってくる動きが、東京よりも鹿島が目立っていました。

選手交代は、平山投入がやや裏目だったと思います。今日の赤嶺はゲームの流れに絡めていたように見えたのですが、あの時間で1トップを入れ替えて流れをリセットしてしまうのはあれっと思いました。

【J1:第5節 F東京 vs 鹿島】城福浩監督(F東京)記者会見コメント(09.04.12)
我々の武器であるサイド攻撃は巧妙を見出したゲームだったと思います。

確かに今日は、1対1で崩す場面は多く見られました。そして、ここをしっかりふさがれた場合に、組織でどうサイドを崩していくかは注目したいと思います。
タグ:Jリーグ
by gaspatxo | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。