2009年05月09日

石川直宏に集まる海外の視線

一進一退、メンバーも成績も安定しない状態が続いています。そんな中でも光明といえるのは、石川の好調さです。今期の得点力はニュースなどでも取り上げられていますが、海外のサイトでも注目されていました。

サッカーのデータベースサイト「IMScouting.com」の「Performances of the week」というコーナーでは、毎週すぐれたプレーヤーをランキングで発表しているようなのですが、ハットトリックを達成した石川直宏の活躍が7位にランクインしています(参照)。
1. Mate Patkai (MTK Budapest, Hungary: 2 goals)
2. Rasmus Jonsson (Helsingborgs IF, Sweden: 3 goals)
3. Daniel Georgiev (Cherno More Varna, Bulgaria: 3 goals)
4. Edson Puch (Municipal Iquique, Chile: 3 goals)
5. Alexander Farnerud (Brondy IF, Denmark: 2 goals, 1 assist)
6. Matt Derbyshire (Olympiakos Piraeus, Greece: 2 goals)
7. Naohiro Ishikawa (FC Tokyo, Japan: 3 goals)
8. Eugene Sepuya (Cukaricki Beograd, Serbia: 2 goals)
9. Joetex Asamoa Frimpong (FC Luzern, Switzerland: 3 goals)
10. Samuel Teuber (O Higgins Rancagua, Chile: 3 goals)
11. Milan Badelj (Dinamo Zagreb, Croatia: 2 goals)
12. Njogu Demba-Nyren (OB Odense, Denmark: 2 goals)

ちなみにリンク先でYouTubeの動画が見られますが、石川の3得点は3:10あたりから始まります(このエントリ末尾でも引用してあります)。

やや興味深いのは、本文中で石川を紹介している部分で、海外移籍にはまたとないチャンスだと言及されている点でしょう。該当する段落を引用します。
If in last week's “Performances” we wrote about a possible start to a trend of brining Asian players to the Mediterranean Leagues, maybe this next player can be the next one to move. Naohiro Ishikawa is having a good couple of weeks for FC Tokyo, scoring five goals in four matches; three of them in Tokyo's 5-2 win over Omiya Ardija. The 27-year-old winger was one of Japan's most promising youngsters before injuries struck, but after shrugging these off is now establishing himself at FC Tokyo where he has played for eight years now, making it the perfect time for him to move. IMScouting scouts highly recommend him to the European lower leagues, being a fast player with excellent dribbling qualities and a great shot who can play on both sides of the pitch.

要約:先週、アジア人が地中海周辺のリーグに移籍する可能性について書いたが、次に移籍するのはこの選手かもしれない。4試合で5得点をあげた石川直宏選手はFC東京で素晴らしい2週間を過ごしている。うち3得点は5-2で勝利した大宮戦で上げたものだ。27歳のウインガー石川選手は、怪我をする以前は日本で最も将来を嘱望されたスター選手の一人だった。怪我を乗り越え、8年目となるFC東京で自己の存在を確立した今、移籍のタイミングとしては完璧といえる。われわれIMScoutingのスカウトが石川選手に強く勧めるのは、欧州の、ややレベルが低めのリーグ。両サイドをこなせ、素晴らしいシュートとドリブルを備えたスピードプレイヤーとして活躍できるだろう。

活躍すれば注目されるのは当たり前とはいえ、現状で移籍されるのも心情としては苦しいものがあります。しかし当人にしてみればこれ以上ないモチベーションにつながるでしょうし、他の選手にも結果的によい影響があればと思います。今日の京都戦、果たして石川の活躍やいかにといったところでしょうか。


IMScouting- Performances of the Week (May 2009 #1)
タグ: 海外 選手
by gaspatxo | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118950310
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。