2007年05月24日

横浜FC戦:予選突破

無事に予選突破が決まりました。リチェーリは引き続きスタメン、茂庭も90分プレーし、赤嶺は2得点で勝利に貢献しました。

選手を少しずつ入れ替えながら結果を出していけるのは、チームとしてはとても健全だと思います。以前「押してダメならどうするか」(参照)でも言及しましたが、自分の役割を理解する選手を増やしていくことで、チームとしての厚みが増していきます。
ポジションごとに役割やルールを決めて、誰が出ても同じ役をこなせるようになれば、大崩れは少ないような気がします。そのためには少しずつ新しい選手を循環させて慣れさせる努力も必要になります。そういう起用に対する抵抗感は少ない監督ですから、それには期待したいと思います。

決勝トーナメントはホーム&アウェイの戦い方が重要になってきます。特にホームでの失点は致命傷です。まだホームでは3勝しかしていない今期、どのように修正していくかに注目したいところですね。
タグ:ナビスコ杯
by gaspatxo | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。