2007年06月25日

前回の6失点は

久しぶりの大量失点で、しばらく今の順位で足踏みです。

1年に何度かは4失点や5失点という敗戦を味わいますが、6失点まで達してしまうことは滅多にありません。福西も「4点目以降は気持ちの問題」と言っていましたが、3失点目あたりでもすでに守備がおかしくなっているように見えたので、何か混乱があったのかもしれません。

さてこの6失点ですが、記憶を頼りに調べてみたところ、5年ぶりです。こういう敗戦はショックの度合いが大きいので、前回の試合も憶えている人が多いかと思いますが、2002年のアウェイ磐田戦です(参照)。スキンヘッドの高原に4得点され、福田健二が一矢報いたのが印象的でした。

ちなみに後半45分で5失点について、これはちょっと調べていないのですがクラブとしては初めてかもしれないですね。違っていたらすみません。

試合で使われるメンバーはだいぶ固定され、チームとしての戦う方向性も定まっりつつあるように見えます。試合内容はなかなか安定しませんが、中断まで乗り切りつつナビスコでのいい結果を期待したいです。
by gaspatxo | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45823110

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。