2007年07月15日

横浜マ戦:もっと空中を使えなかったか

ナビスコ杯の決勝トーナメント、FC東京はホームで痛恨の敗戦。8強という結果と引き換えに、雨靄の向こうにタイトルが消えました。非常に残念です。

予選突破した時のエントリでは、横浜戦では調子の悪いホームで絶対に失点しないことが大切ということを書きました(参照)。実際にネガティブな方向で予感が当たったわけですが、アウェイで0−1勝利という初戦のアドバンテージを全く有効に使えなかったのが悔やまれます。

普段のDF陣などを見ても明らかですが、浮いた玉の処理や足元の技術など、東京の選手はあまり上手ではありません。大雨のコンディションでは、このような基礎的な技術の差が顕著になるため、晴れているときと同じ戦い方では、試合が難しくなる場合があります。その意味で、もう少し空中をうまく使うことが必要だったかもしれません。

実際、ワンタッチやツータッチで試みられたグラウンダーのパスは、少しずつずれたり、足が滑ったりして、多くが相手ボールになっていました。足元のうまい梶山や福西は中央でのプレーが好きな選手です。サイド攻撃が少なかったのはこういう選手がより長い時間ボールを扱っていたからだというのなら、それも天候と無関係ではないでしょう。その点で石川を入れた原さんの判断は、(彼が得点しなかったとしても)非常に的確だったと思います。

個人的には、平山をベンチに置くべきでした。コンディション云々の問題はあっても、こうした天候や負けられないトーナメントという状況で、高さを使った攻撃というオプションは必要です。最後の5分を切るまでなかなか放り込みが行われなかったのも、ターゲットの不在が大きかったと思います。以前ならジャーンを上げていたでしょうが、茂庭や今野と藤山が組んでいる現状では、代わりの存在がベンチに必要です。

8月からはリーグ戦の再開。後半戦は、少しずつ若手の出場機会を増やしていくのもいいでしょう。観戦する側のモチベーション回復には、少なくとも多少の効果がありそうです。首位から20点近くも勝ち点を離されている中で、現実的な目標をどこに設定するのかということが重要です。


関連エントリ:
FC TOKYO(BETA): 横浜FC戦:予選突破
タグ:ナビスコ杯
by gaspatxo | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。