2007年09月26日

4連勝の立役者を挙げるならば

とうとう4連勝を果たしました。

それまでの3連勝に比べても、味スタという環境そして上位相手に勝てたということには大きな意味があると思います。この試合は中盤のプレスが最後まで途切れず、高い位置で奪ってすぐにサイドに回すという、原監督の得意なサッカーがようやく回り始めた感がありました。

サイドからの攻めが回り始めたのは、2トップに変更したのと無関係ではないと思います。現在の2トップは、1トップの時と比べても中央での起点を作りやすいため、サイド一辺倒になることがなく、中央とサイドの攻めのバランスがよくなってきたのだと思います。

これまでの東京は、かたくなに1トップという方法をベースにしていました。過去に2トップにトライしたときも、少なくともここ数年は不発に終わるケースが多く、結局1トップに戻すという試行錯誤が続いていました。不調の理由には色々あると思いますが、そのひとつはトップ下のスペースの使い方に問題があったと思います。1トップなら埋まるこのスペースを2トップ時に誰がカバーするのか、それはサイドなのかトップなのかボランチなのか、その辺りが明確ではなかったように思います。

最近では、ルーカスが下がったり、福西や今野が上がったりして、上手くケアしているように見えます。ルーカスも、相方にポストのできる赤嶺を得たことで思い切って下がることができ、福西や梶山というキープに長けた選手がいることで、後ろの選手も上がりやすくなっているのだと思います。

連勝という結果、それは2トップにしたことで中央からの攻めが厚くなり、その副作用としてサイドへの展開が効いてくるという好循環につながったことによってもたらされているように思えます。もちろん、最終ラインが安定してきたことも大きな要因です。しかしその最大の立役者としてここでは、最前線でポストプレーをこなし、守備を怠らず、さらには裏へ抜ける動きも欠かさない赤嶺を挙げたいと思います。連勝だけでなく、ここ数試合の赤嶺の得点やアシスト数はその表れだと思います。


関連エントリ:
FC TOKYO(BETA): 磐田戦:サイドが機能しない理由
by gaspatxo | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57260863

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。